社交ダンスパーティや競技ダンスの最中にふくらはぎがつった事ってありませんか?

長時間踊って疲れが溜まってきたときに起こり易くなります。
ピクチャーポーズなどで爪先を伸ばした時などに、突然ピクピクしだし、力が入らなくなります。

原因の一つが、ミネラル分の不足なんだとか。
汗がたくさん出ると、水分が不足します。

社交ダンスパーティだと、よく水と菓子などが置いて有ります。
置いてある水は、ペットボトルの水、ウーロン茶、スポーツドリンク が多いようです。

汗をかいたらペットボトルの水をがぶがぶ飲みます。
この水、ほとんど国産の軟水です。
安いから、入手しやすいからなのでしょうが、飲むほどにミネラル分が不足して行きます。

そして、ふくらはぎがつりやすくなります。
気配を感じたら、水分補給はスポーツドリンク(置いていない?)に切り替えましょう。
(糖分は嫌、でも止むを得ません)
そして、ふくらはぎをゆっくり揉み、踵側をストレッチします。

ふくらはぎの痙攣には、実は知る人ぞ知る特効薬が有りました。
いまでしょ!の林先生の番組で放送された芍薬甘草湯。
数分で回復する優れものです。
つる気配を感じたら1包服用すると安心です。
芍薬甘草湯のコムレケア。

芍薬甘草湯って何者?注意点は?

芍薬甘草湯の効能:こむら返り(筋肉のけいれん)では、

”急激におこる筋肉のけいれん:こむら返りなど に有効”

と言われています。

薬に頼り切らない(普段からの予防と心がけも大事です。)

1.硬水を飲みなれておく

持参した水を飲むのなら、スポーツの時の水分補給は、硬水にしたいものです。

硬水と言えば、フランスのコントレックスが一般的ですが、飲みやすい硬水ならクールマイヨール。
人気のフランス産ミネラルウォーターを通販で買う

硬水が飲みなれていない人や日頃の水分補給ならエビアンが最適だと思います。
普段からミネラル多目の生活をしていれば、そう簡単にはふくらはぎはつらないと思います。

2.ふくらはぎを労わる

ふくらはぎ健康法というのが有ります。
最近もベストセラーになった本が有ります。
ふくらはぎは血流のポンプの役割をしているのだそうです。
ふくらはぎ健康法の口コミ情報として、「ふくらはぎがつらなくなった」というものも有ります。
長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさいには、DVDブックも有ります。

3.加圧機能を持ったコンディショニング製品をつかう

運動時の疲れを軽減すると言われているサポーターの一種です。
長時間運動や激しい運動で、ふくらはぎに疲労物質が溜まると、足が重くなり動きが悪くなります。
加圧機能で血液の循環を保ち、疲労物質の停滞を緩和するのが原理です。

ただし注意点が有ります。
主に足首のサイズにより、サポーターのサイズが決まり、それにより加圧の程度が決まるそうです。
正しいサイズの製品を選ばなければなりません。
加圧機能は有れば良いと言うものではなく、血液の循環を促進するように圧力が調整されているものでないと効果があまり期待できないようです。

ふくらはぎだけのものと、ストッキングタイプのものが有ります。
適切に使えば、競技会の最後の最後で動けなくなったということも無くなりそうです。

コンプレッションウェア

靴下の専門店では、「長距離を走った際、足がつりやすい方に特にオススメ」のレーシングゲイターが売られています。
ランニング専用と言うわけではなく、着圧とホールド感でふくらはぎの酷使をサポートします。

靴下専門オンラインストア Tabio(タビオ)
のスポーツのコーナーにも有ります。
男性用も女性用もあります。