社交ダンスの上達に足指が果たしている役割は大きい。
足指で床を掴むようにして踊ることが、スポーツダンスには必要な技術とも言われている。


足指をまげるだけで腰痛は治る!

足指をまげるだけで腰痛は治るという本の中には、一見無関係と思われる社交ダンスの話も載っている。
その部分の趣旨は

ヒールの高い靴でバランスを取るためにむりやり反ることで腰の筋肉を疲労させて腰痛を起こしやすくなる。
それ以上に問題なのが、同じ姿勢をとり続け背骨が固まっていること。
世界選手権覇者のルカが日本人ダンサーを指導したときに一番苦労したのが、
背骨を小刻みに動かしつづける動作ができないため背骨の滑らかな動きができない。

ダンスでは骨を小刻みに動かす技術が、世界的なクオリティを獲得する為の必要条件であることを意識している人は少ない。
一部の人たちだけが、背骨の骨一本一本を意識的にミリ単位にずらすトレーニングをしているようだ。

足指をまげるだけで腰痛は治るという本の本題は腰痛。

腰痛は足の内旋による生活習慣病だ。
足指で立つなどの足指のトレーニングで腰痛は治る。

社交ダンス愛好家にも腰痛、膝痛に悩む人が多い。
簡単なトレーニングから上級者用まで紹介している。
サッカー選手の体験談も載っている。
腰痛の原因は腰椎間板ヘルニアとは限らない。
腰痛、膝痛についての知識も深めることができる。

ダンスで足指を使えない原因のひとつとして、外反、内反など指の変形がある。
外反母趾向きのダンスシューズもいろいろ開発されているが、サポーターや靴下で対応するものも有る。

関連ページ: 外反母趾の為の社交ダンスシューズ