社交ダンスを始めるに当たって、何を準備したら良いのかに悩むことが有るかもしれません。

体験レッスン随時受け付け、そのままお入り下さいの文句につられて入った社交ダンス教室。

スニーカーにT-シャツ、ジーパン。ハイヒールにタイトスカート。
(心の中ではオイオイでも)ようこそ体験教室にいらっしゃいましたと言われるかも知れませんが。

動きやすい服装に床を傷つけないシューズが最低限のマナー。

次からは、ダンスシューズを用意して来てくださいね、とやんわりと言われます。
ダンス教室の近くには、ダンスショップが有る事が多く、その案内図を渡される事も有ります。

マナーだけでは無く、社交ダンスで重要なシューズ。
回転運動が多いので、床に滑らないと足に負担も掛かり 足も床も 傷めてしまいます。

たまに、普通の社交ダンスシューズ以外の靴で踊っている人も見かけますが、
女性は、誘われた時相手の靴を見ると言う話も有ります。
ちゃんと踊らせて貰えないと思ってか、スニーカーや、ビジネスシューズだと断るとはっきり言う女性もいます。

ダンスの種類ごとに、いろいろな適したシューズが開発されてきました。
ネット通販の良いところは、やっぱり安さでしょうか。
人気のシューズはみんなが支持している安心シューズ。

選択の参考になります。
==>ダンスシューズのランキングのページ

新しいシューズ選びの基準

たまにダンスパーティで踊る程度なら、価格で選ぶのも良いでしょう。
でもシューズ選びの基準で大事なのは、
スポーツダンスをするのなら、
すぐに履き潰れるものでは、困りますね。
ちょっとでも背が高く見える靴も必要かもしれません。
でも基本は、自分の足にフィットするものでしょうか。

そして最も大事なのは、健康を損なわないシューズ。
ダンスは以外と足を酷使します。
踊る場所が、ダンス教室の床のように柔らかい床ばかりだと良いのですが、
体育館、公民館、パーティ会場には、床がすこし固めのところも無いとは言えません。
滑りすぎや、滑らなすぎも足に負担をかけるもととなります。

そして、いつの間にか、足、膝、腰を痛めている人も多いようです。
シューズの構造上のちょっとした差が、明暗を分ける可能性も無いわけではありません。

ダンスを長く続けられるかは、健康管理に掛かっているともいえるでしょう。

普段から、足の健康に気を使ってトレーニングして置くと、外反母趾や偏平足になりにくくなります。

膝、腰の痛みも起きにくくなるでしょう。 昔の下駄や足袋は理にかなっています。

男性用、女性用に別けられるものはそれぞれのサイトに分けました。

ジュニア用のシューズやジャズダンスなどのシューズは当サイトで紹介しています。

ジャズダンスのカテゴリー などで

女性用の社交ダンスのサイトである、 ワルツのリズムで踊らせて には女性用の社交ダンスシューズと

外反母趾の為の社交ダンスシューズ

ヒールカバー:ダンスシューズの小物たち

男性用の社交ダンスのサイトである、ネット通販で社交ダンスのメンズ用品を探す には男性用の社交ダンスシューズを纏めています。