PAK56_headphonegirl500

社交ダンスでも、他のスポーツでも、やり始めるとすぐ上手くなる人がいます。
同じレベルの人達が集まるサークルやカルチャーセンターやパーティでは、特に目立ちます。

もともと素質が有る人なのでしょうね。
うらやましい限りです。

 

ダンスは頭で覚えるものでは無く、体で覚えるもの とはよく言われています。
本やDVDを見てできるようになるんだったら、ダンス教師なんて失業してしまうとも。

体で覚えるものでも、言われたことを直ぐものにしてできるようになる、が良いに決まっています。
頭の良さも有るのでしょうが、
体ができているから 直ぐできるという事がよく言われます。

ダンス用の体になっているか?理論も必要です。
社交ダンスDVDにも基礎理論&エクササイズを扱っているものが有ります。

関連ページ:社交ダンス競技選手の為に元競技選手が発売したDVD

ダンスと無関係な本の中にもいろいろなヒントが有ります。
スポーツ一般技術ですこし難しいですが、なるほどと納得するところの多い本です。


センター・体軸・正中線―自分の中の天才を呼びさます

特に、センターとか、意識により重さをコントロールするとかは、ダンスに役立ちます。
(何故、下を向いている人は重いのか、競技会では2階に目線を向けろとか言われますね。)
ダンスとは直接関係しない内容ですが、習得すれば強い味方になります
(高岡先生の運動科学総合研究所の極意の講座として、実技講習もあります)

あなたは、足型派?リズム派?
社交ダンスはリズムで踊れ! 足型いらずのダンスレッスン

 

日本人は、技術偏重だから、あるところから上に上達するすることが難しいとも言われています。

ダンスのルーツは、民族舞踊、音楽の流れに身を委ねると自然に体が動き出す。
トッププロが、特にラテン種目を中心に、取り組むようになり、
音感をつけるのは必須の技術と注目されるようになりました。

ダンスの上手さで差を付ける、パーティで楽しく踊る
ダンスのレッスンとは別に、習得する必要性に気付いた人は、一味違う上達への道を歩き出した人だと思います。

社交ダンスのリズム練習法 -誰でも簡単に楽しく踊れる基礎リズム編-
ファイナリストの菅原真由先生が作成した練習法、
基礎の基礎が身に付きます。

社交ダンス必ず身につけなければならない特効薬の正体とは・・・?

2013/8/1 に 発刊された 「リズムで踊る ダンス音楽理論 ルンバとチャチャチャのリズム編」

リズムで踊るダンス音楽理論 [ 開発忍 ]

リズムで踊るダンス音楽理論 [ 開発忍 ]
価格:1,944円(税込、送料込)

楽天の電子書籍版も出ていました。