ダンスシューズ 値段と靴のサイズだけで決めていませんか?

選べるほど店先に並んでいなかった以前と比べ、今はネット販売店にはたくさんのダンスシューズが有ります。

値段は高いほうが良いと決め付けてはいませんか?
オーダーメイドは、自分に合った靴を作りやすいので失敗は少ないとは言えますが、
プロが愛用しているブランドだからとか、有名なブランドというだけでは、必ずしも満足できる靴とは限らないようです。
靴選びは、自分の足に合った、自分の足使いに合った靴を選ぶのが基本です。

関連ページ:おすすめ!社交ダンス用の男性用シューズ

社交ダンスのシューズは大事、良いものを選ぶ事が上達にも影響するともいわれています。
有名ブランドから選択するなら、
関連ページ:ネット上の主な男性用社交ダンスシューズ ブランドの紹介  で
あまり使わないから、使いつぶすから、安いもので良いという考えなら、

関連ページ:3000円台迄の激安ダンスシューズ で

社交ダンス用のシューズの種類と選び方

男子シューズには、モダンシューズとラテンシューズ、兼用シューズ のシューズが有ります。
黒で牛革かエナメルの靴が多く販売されています。

初心者は、黒の牛革の兼用シューズが良いと言われています。

その訳は、
エナメル靴の欠点は、貼り付くこと、特に初心者には左右の靴が貼り付いて転倒などの危険も有る為、
初心者には、黒の牛革の兼用シューズ(一足でモダンもラテンも)を勧めるショップが多いようです。

関連ページ:チャコットとモニシャンの社交ダンス男子初心者用セット
のページで説明していますが、
チャコットのメンズスターターセットのシューズは、黒の牛革の兼用シューズ です。

エナメルの靴の方が格式が高いと言われています、それで少し慣れてくるとエナメルの靴が欲しくなります。
関連ページ:エナメルシューズの手入れと貼り付き防止  では、シューズの手入れ用品を紹介しています。

モダンシューズとラテンシューズの大きな違いは、ヒールの高さ。
スタンダードは、タンゴを除くとトウを頻繁に使います。
トウの踊りバレーのシューズは、ペッタンコ。
ラテン系はヒールとボールで押し潰すように踊ることが多いので、ヒールが高いほうが踊りやすくなります。
靴底(ソール)にも(ラテンのスプリットソールなど)踊りの特性やレベルに合わせた工夫がされています。

ヒール高2.5cmくらいが標準のモダンシューズに対して、
ラテンシューズはヒール高4.5cmくらいが標準です。

兼用シューズは、ヒール高4cmくらいが多いようです。
パーティダンスは、この兼用シューズで良いと思います。

ヒール高2.5cmの兼用シューズも有ります。
爪先を痛め易い人やモダンが主の人には、低めの兼用シューズの方が良いかもしれません。

魚の目やタコ、外反母趾や巻爪、爪の水虫 足にはいろいろなトラブルが起こります。
その為に、もうダンスを踊れないなんて悲しいですね。
足に優しいシューズ、踊り易いシューズを目指して、いろいろな靴が開発されています。

関連ページ:外反拇指の人の為の社交ダンスシューズ (主に女性用ですが)

自分に合った靴は?

ネット上にも、たくさんの男性用社交ダンスシューズが発売されていますが、手頃な価格で使いやすいと評判の人気の黒の牛革の兼用シューズは、

楽天で人気の黒の牛革の兼用シューズ データ取得日時: 2017-11-19 10:34:33 GMT

楽天ウェブサービスセンター

社交ダンス用のシューズのサイズの選び方

間違いやすい靴選びは、靴のサイズ。
普段履きのビジネスシューズや、ウォーキングシューズのサイズでオーダーしてしまうこと。
ネットでオーダーする時には、履き心地を確かめる訳には行きません、いつものサイズが正しいサイズとは限りません。

ダンスシューズは、同じサイズと言ってもメーカーにより、微妙に大きさが異なるようです。
サイズを測って、確かめてから買うようにしましょう。
(ほとんどのネットショップで、例外商品は別にして、サイズ交換には応じてくれるようですが。)

楽天ダンスシューズ・エーディーエスのシューズサイズの選び方

楽天モニシャン工場直営専属店の足のサイズ表

など、各シューズ専門販売店では、サイズの測り方とサイズ表を表示しています。

私は、カジュアルシューズは25.5cmの3E と決めて買っていましたが、
サイズの測り方で測って見ました。
adsのサイズ表では、26W がほぼ合うようです。
モニシャンの表でも、 数値は若干違いますが 26W で良いようです。

それで私の場合は、25.5cmの3Eは次善の選択肢だったことがわかりました。
確かに爪先の爪が靴に当たる感じはしていましたが、ちょうど良いと思っていたのですが。

シューズのブランド毎にサイズも感触も異なるので、サイズが合えばそれで問題なしと言うわけでは無いようですが、
靴をネットで買うときは、失敗をしないためにも、シューズのブランド毎にサイズ表で確認する習慣は必要だと思います。