NHKのゆうどきネットワークでもジュニアの社交ダンスが放送されていた。
昨年のヒルナンデスでも子供が大人に混じって競技会に出て話題になっていたが、ジュニアの大会もどんどん増えているようだ。

相模原の社交ダンスジュニアのグループレッスンの風景、見覚えの有る風景は、橋本の稲沢さんの教室(多分)のようだ。
サンバとサルサメレンゲを踊っていたがラテン系のダンスは、子供たちも抵抗感を感じること無く踊れるだろう。

義務教育での「ダンスの必修化」で、だれでもダンスをやる時代になった。
社交ダンス好きの団塊世代と孫の組み合わせは、近くに教室が有れば更に増えて行くだろう。
若い人に読まれているコミック本も社交ダンス人気を盛り上げる。
「ボールルームヘようこそ」「ワルツのお時間」「BUTTER!!」、、
競技ダンスのコミック「ボールルームへようこそ」を読んで、社交ダンスやってみたいと思った人も多いのではないかな。

関連ページ:
漫画の世界で熱い競技ダンス「ボールルームへようこそ」